じょうしょうブログBLOG

2021年5月15日

間取り図面の英語の正体とは?!

 

 

部屋や家を探す際に必ず間取りの図面を見ますよね。

図面をよく見ているとCLやPSなど、

見慣れない英語が書かれているのを見たことはありませんか?

 

その英語の正体を解説していこうと思います!

 

 


 

■ 英語の正体は…ほとんど部屋の名前!

 

図面では、部屋の名称を英語(略語)で書かれていることが多いです。

間取りをより見やすくするために、なるべく図面内の文字数を少なくして

シンプルに表記しています。

そのため、なんの空間かわからないと思われる方も多いのではないでしょうか。

なかでもリビングやキッチンはわかる方も多いと思いますが、

クローゼットや洗濯機などは、建築を勉強していないとわからないと思います。

今回は、主に住宅で一般的に使用されている部屋の英語表記を解説していこうと思います!

 

□ L D K

LDKは1番知っている人が多いと思いますが、「リビング、ダイニング、キッチン」です。

ただ、DKとLDKの違いを知っていますか??

この2つの違いはとてもシンプル。部屋の大きさの違いです。

DKとLDKの違い

居室(寝室)の数によって変わりますが、

居室が1部屋の場合、黄色の部分が4.5畳から8畳未満の場合「ダイニングキッチン」

8畳以上の場合「リビングダイニングキッチン」になります。

4.5畳未満の場合は普通のキッチンです。

 

□ 収納

 

 

部屋や家を探す際、収納量を気にする人は多いと思います。

収納というととても大きなくくりで、図面ではもう少し細分化します。

 

CL  クローゼット
SC  シューズクローク
SIC  シューズインクローゼット(人が入れる大きさ)
WIC  ウォークインクローゼット(人が入れる大きさ)
WTC  ウォークスルークローゼット(人が通り抜けできる)

 

 

□ その他

 

他にもたくさん略語はありますが、LDKと収納以外は表示されない場合もあります。

とにかく図面は見やすさ重視のため、トイレやお風呂は図で表現され文字を書かないことも多いです。

下記に書かれている略語は、ちょこちょこ出てくるかなと思います。

 

WC  トイレ
UB  ユニットバス
BR  ベットルーム
AC  エアコン
W  洗濯パン
R  冷蔵庫設置場所
PS  パイプスペース(配管)
DS  ダクトスペース(換気扇など空気を通す管の収納場所)
MB  メーターボックス

 

 


 

 

いかがだったでしょか?

図面をかく人によって違う表記の仕方があるかもしれませんが、

基本的には今回ご紹介したものを覚えて頂けたらいいかなと思います。

略称を覚えると、自分が探している理想の部屋と図面が合っているのかを判断でき、

物件探しももっと楽しくなっていきますよ!

 

 

▽参照

公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会

https://www.sfkoutori.or.jp/jireikoukoku/tokuteiyougo-shiyokijun/

 

 

TOPへ

東大阪市南東部の不動産情報

SNSをフォロー
ホームページを見たと言って、
お気軽にお問い合わせください!
0800-777-2555
営業日/9:00~18:00 定休日/火曜日・水曜日
株式会社吉武工務店
〒579-8064 大阪府東大阪市池島町1-6-52